これで美髪!正しい髪の毛の洗い方 《シャンプー編》

優しく丁寧に シャンプー

毎日のお風呂で欠かせない洗髪。

しかし何かと髪の毛や頭皮の悩み・問題など、気になる方も多いのではないでしょうか?

ただ適当に洗っていませんか?

洗い方を見直し、気をつけてみると健康な髪に近づくかもしれませんよ!

今回は、

「美髪に近づく髪の毛の洗い方 《シャンプー編》」

をご紹介します!

Sponsored Link

髪の毛の洗い方のポイントは3つ!

1. 洗う前の準備をしっかりと。
2. 優しく丁寧に
3. しっかりすすぐ。

この3つについて、詳しく見ていきましょう。

洗う前の準備をしっかりと

まず、お風呂に入る前・シャンプーをする前に髪の毛を洗う準備をします。

お風呂に入る前には、ブラッシングをしっかりと行う

ブラッシングが大切!

シャンプー前にブラッシングをするだけで、大きな汚れの殆どが落ちると言われています。

また、髪のもつれ、絡まりをそのままで髪の毛を洗い始めてしまうと、髪の毛同士の摩擦が大きくなり髪の傷みにつながってしまいます。

ブラッシングで髪を整え、ゴミを浮かせる事で洗い流しがしやすくなります。

髪の絡まりを優しくほどき、頭皮の汚れをかき出すように丁寧にブラッシングしましょう。

Sponsored Link

シャンプー前に髪の毛をしっかり濡らす

シャワーでしっかり濡らして

シャンプーをつける前にぬるま湯で予洗いをしましょう。

一日過ごした髪・頭皮には沢山の汚れがついています。

髪全体をしっかり濡らし、水分を行き渡らせる事でシャンプーの泡立ちを良くするだけでなく、髪・頭皮の汚れの約8割を落とす事ができます。

優しく丁寧に

予洗いがしっかりできたら、シャンプーを使って洗います。

優しく丁寧に

摩擦を避け、頭皮の汚れを落としやすくするため、手のひら全体でシャンプーをよく泡立てから洗う事が大切です。

指を擦り合わせてゴシゴシと乱暴に洗うのではなく、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗いましょう。爪で洗うのは絶対NGです×

しっかりすすぐ

シャンプーで皮脂の汚れまで掻き出したら、最後はしっかりすすぎを行いましょう。

すすぎが足りないと頭皮にシャンプーが残り、かゆみなどトラブルの原因に。

また、熱いお湯で洗うと必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮が乾燥する原因になるのでぬるま湯で洗いましょう。

泡が無くなってもシャンプーは完全に流しきれてないので、洗い残しが無いように2〜3分かけてしっかり流します。

襟足や首の後ろなどすすぎ残しがしやすいので、意識して丁寧に洗い流してくださいね。

Sponsored Link

おわりに

正しいシャンプーのやり方、いかがでしたか?

髪の毛を洗う際は、シャンプー前の準備からしっかり行い、予洗い、すすぎなどシャンプー前後のポイントも意識しましょう。

毎日やるシャンプーだからこそ、丁寧に髪を労ってあげましょう!

シャンプーのやり方次第で、見違えるほどの美髪になれちゃいますよ…♡

美髪に

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました