すっぴん美人に近づく!正しい洗顔方法とは?

スキンケア スキンケア

肌についた皮脂や汗などの汚れをしっかり落としてお肌を綺麗にするのが洗顔ですが、間違った方法でやってしまっては意味がありません。

逆にお肌にダメージを与えてしまうこともあります!

今回は、毛穴の汚れも綺麗になる正しい洗顔方法をご紹介します!

ニキビやいちご鼻など、肌トラブルで困っているという方はぜひチェックしてみて下さいね。

Sponsored Link

肌をキレイにする前に手をキレイに

洗顔前にまず最初にやる事は、手を清潔にすることです。

手に汚れがついていると、泡立ちも悪くなりますし、雑菌のついた手でお肌を触るのはよくありません。

つい忘れがちですが重要な事ですよ!

クレンジングは特に丁寧に!

メイクをしている方はもちろんですが、はじめにクレンジングをします。

汗や皮脂を落とすため、メイクをしていなくてもクレンジングをすることで清潔な肌になります。

実は、黒ずみの根本の原因は皮脂なのです。

クレンジングを雑にしてしまうとメイクや皮脂汚れが毛穴に残ってしまい、それが酸化することで毛穴が黒ずんで見えるのです。

なので、クレンジングは丁寧にするのがポイントなのです!

毛穴つまり、黒ずみが出来やすいTゾーン、小鼻は特に丁寧に、くるくると円を描くようにクレンジング剤を馴染ませて、汚れを落としましょう。

その時は力をかけずに優しく!
中指と薬指の2本で優しくクルクルとすると肌への刺激が少なく済みます。

落とし終わったらクレンジングを洗い流すのですが、流す前にクレンジングを「乳化」させます。

クレンジングは油なので、いきなり水で洗い流しても水を弾いてしまい完全にクレンジングを落とすことができません。お肌に残ってしまったクレンジングが、ニキビや毛穴詰まりの原因となってしまいます。

それを防ぐために、普段混じり合わない水と油を混ぜ合わせる「乳化」という作業が大事なのです。

♦︎ 乳化のやり方 ♦︎

1.  クレンジングが付いた手をキレイに洗い流す。

2.  手を拭かずに、指先に付いた水でお肌にクルクルと馴染ませる。

※水が多すぎると乳化しないので注意!

全体が白っぽくなるのが乳化ができているサインです。

乳化が完了したら、いつも通りクレンジングを洗い流します。

クレンジングを乳化することで、汚れをしっかりと落とすことができニキビや毛穴詰まりを予防できます。

洗い上がりもツルツルなお肌になりますよ!

毛穴を開いて洗顔の下準備を

次の洗顔で毛穴の奥までしっかりと汚れを落とせるように、蒸しタオルなどを使って毛穴を開いてあげます。

簡単蒸しタオルの作り方
1. タオルを水に濡らして、水滴が出なくなる程度まで水を絞る。
2. 絞ったタオルを電子レンジで600Wで40秒〜1分程度温める。
3. 温めたタオルを一度広げて軽く冷ましてから使う。

温めたばかりのタオルはかなり熱く、そのまま肌にのせてしまうと火傷の危険性があるので十分に注意しましょう!

また、温度が高すぎると肌の乾燥の原因にもなってしまうので、熱すぎはNGです×

お風呂に入る時はそれで十分毛穴が開きます。

時間がない時は、やや熱めのお湯を洗面器に入れて、その蒸気を顔に当てるだけでもOK!

Sponsored Link

モコモコ濃密泡で優しく

洗顔料はしっかりと泡立てることを前提として作られているので、洗顔料を十分に泡立てられていないと洗顔料の本来の力を発揮できず、肌の汚れをしっかり落としてくれません。

また、泡がクッションとなり指と肌の摩擦を防いでくれるので、しっかりと泡立てる事がとても大事なんです。

手を逆さまにしても泡が落ちないくらいの、生クリームのような濃密な泡を使うのが◎

手で濃密泡を作るには時間がかかってしまうので

泡立てネット泡タイプの洗顔料をつかうのがオススメです!

100円ショップのダイソーに簡単に濃密泡が作れるオススメのアイテムがあります!詳しくはこの記事をご覧ください♪

 

Sponsored Link

皮脂分泌が多くて汚れやすい部分を先に、皮膚が薄く乾燥しやすいデリケートな部分は最後に洗います。

汚れの多いTゾーン口まわり →  頬・目の周り

の順番で洗います。

口周り、頬・目の周りは皮膚が薄いのでサッと指で撫でる程度で泡を馴染ませます。

摩擦は肌の負担になるので、汚れをかき出そうと指で強くゴシゴシ擦るのはNGです×

肌をゴシゴシ擦っても毛穴の黒ずみは消えず、逆に黒ずみが消えにくくなったり、くすみの原因にもなってしまいます。

洗顔の時はとにかく刺激を与えない、擦らず泡の力で洗うことを心がけましょう!

毛穴は縦に広がっていくので、毛穴が目立つのを防ぐには指を横に動かすようにして洗うといいですよ!

また、皮脂・汚れを落としたくて長い時間洗顔料でゴシゴシしてしまいがちですが、それは実は肌に良くありません。

時間をかけてしまうほど肌の潤いが奪われて乾燥が進んでしまうので、肌に泡を乗せて洗顔する時間は短時間で行うのが重要なのです!

肌をしっかり温めて、毛穴が開いている状態で洗えば時間が短くても十分キレイになります。

ぬるま湯で優しくすすぐ

次に、泡をすすぎます。

熱いお湯ですすぐと、必要な皮脂まで流れてしまい乾燥の原因となってしまい、冷たすぎても毛穴が閉じてしまい洗い落とすべき油分や汚れが残ってしまいます。25℃~30℃くらいのぬるま湯ですすぎましょう。

その時、バシャバシャと勢いよく顔に水を当てずに、手で水をすくい優しく顔に当てて泡を溶かすようなイメージですすぎます。顔をゴシゴシするのはもちろんNGです×

すすぎは30回以上行うことが良いと言われています。

すすぎ残ししやすい生え際や耳まわり、あご先は、泡が残らないように特に念入りに行いましょう!

また、お風呂に入ると、面倒くさいからシャワーを直接顔に当てて流すって方もいると思いますが、シャワーは水圧がとても強く、肌にダメージを与えてしまいます。

シャワーを直接顔に当てて泡を洗い流すのもNGです×

ヌルつきが無くなるまでぬるま湯ですすいだ後は、仕上げに冷水を軽く顔に当てて毛穴をキュッと引き締めます。

Sponsored Link

清潔なタオルで水分を拭き取る

肌に清潔なタオルをそっと当てて、水分を吸収させるようなイメージで顔に付いている水分を拭き取ります。

ここでもゴシゴシと拭くのはNGです×

優しくポンポンとタオルで押さえるようにです!

素早くスキンケアしてお肌に潤いを


洗ったばかりのお肌は、水分が蒸発しやすい状態になっています。

お肌を乾燥させないように、洗顔後はできるだけ早くスキンケアしてあげるのが大切です。

化粧水をたっぷりと付け、手やコットンで優しくパッティングしてお肌に浸透させます。

さらに潤いが欲しい方、特別な日の前の日にはフェイスパックがオススメです。お肌がプルプルになりますよ♪

そして化粧水の後は、美容液やクリーム、乳液でフタをして水分を閉じ込めてあげましょう!

まとめ

いかがでしたか?間違った洗顔方法で洗っていませんでしたか?

毛穴の無いキレイなお肌を目指すなら、まずは洗顔からです!

間違った洗顔方法は肌への刺激となってしまい、毛穴の開きや詰まりの原因になってしまいます。

クレンジングと洗顔で毛穴の汚れをキレイにしたら、保湿ケアも欠かさずしっかりと行いましょう!

毎日何気なく行っている洗顔をしっかりと見直して、正しい洗顔でスッピン美人を目指しましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました